猫(便秘)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫の便秘の予防と治療方法

ネコの便秘を解消させる治療法は症状によっても違います。初期の便秘だった場合には繊維の多い食事を積極的に食べさせて、腸を刺激させるだけで改善することが出来ます。
しかし乾燥しているような食事ばかりを食べさせていたのではいけません。
その場合には水分をしっかりと補給させて、少しでも体の中の便が硬くならないよう西なければいけません。
便秘を起こしている猫は脱水症状にもなりやすいです。
ですから点滴をしたり注射をしたりして、水分補給を欠かさないよう荷しましょう。

もし巨大結腸症、骨盤骨の搾取といった場合は、病院で外科の手術を行なわなくてはいけません。
それが原因で便秘になっているという場合には、ネコに麻酔をして、直腸から指を入れた上で糞の塊を取り出すという方法で除去していきます。

もし便が硬すぎる場合には、便をやわらかくさせるための薬もあります。
力がなくて便を出せない場合には浣腸をすることもあるのですが、無理やり浣腸をして出そうとすれば、腸に傷が付いてしまうこともあるので注意しましょう。
事故によっておきたり、先天性の障害で便意がないという場合には飼い主が、定期的に排便をさせないといけません。
便の様子としているときの様子は、きちんと変化がないかどうか確認してあげましょう。