猫(日光皮膚炎)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫の日光皮膚炎の予防と治療方法

日光皮膚炎を治療するにはどうすればいいのでしょうか。
日光皮膚炎の治療は紫外線をとにかくカットすることが重要です。
一般的には紫外線対策として、日光浴をする時間を制限したり、猫が普段いる部屋の窓ガラスを紫外線カットのガラスにしたりするという方法で何とか紫外線にさらされないようにするという方法があります。
特殊な紫外線対策のための方法野一つとしては刺青を入れるというケースもあるのですが、皮膚炎があまりにも進行していてひどければ、薬を使って炎症を抑えます。
猫によっては強いかゆみを伴うために引っかいて傷を作っている、膿が出来ていることもありますから、細菌感染を悪化させないためにも、抗生物質を処方して治療をする事もあります。

猫の中にはガンが発症してしまっているというケースもあるのですが、その場合にはできるだけ早く外科的な治療をしていきます。
予防法は紫外線に出来るだけあたらないようにする事です。
室内で飼っているという場合でも、ガラスを通して紫外線は入ってきますから、窓ガラスをUVカットガラスにするなど猫の病気の予防のためにも考慮していかなくてはいけません。

紫外線は年々強くなっていますから、猫が浴びないように、飼い主は徹底した対策を立てていきましょう。