猫(猫クラミジア感染症)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫の猫クラミジア感染症の予防と治療方法

猫のクラミジアの治療についてここでは見ていきましょう。
猫がクラミジアに感染してしまった場合の治療法は、おもにニューキノロン系やテトラサイクリン系、マクラロイド系の抗生物質を投与したり、点眼、軟膏を付けたりして治療をしていきます。
消毒をして人間や他の猫にうつらないようにするために感染を予防することも必要です。

更に具体的な予防法としてはワクチンを5種類接種することで予防することが出来ます。
このワクチンは猫凡白血球減少症、猫ウイルス性鼻気管炎、カリシウイルス感染症、猫は白血病ウイルス感染症、猫クラミジア感染症で予防可能です。
もしクラミジアに感染したとしても、これらのワクチンを接種していれば、あまり猫の症状が悪化しないというのが大きな特徴です。
ですからクラミジアに感染しないためにも、猫にはワクチンの摂取をする事がとても大切なことですし、それだけでなく、猫の目やにが大量に出ているとか、猫の目に異常が見られたら早めに対処することが大切です。
結膜炎の症状はだいたい2週間から6週間くらいは続くでしょう。
人にも結膜炎がうつって人間も結膜炎になることもありますから気をつけましょう。