猫(粟粒性皮膚炎)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫の粟粒性皮膚炎の予防と治療方法

猫が粟粒皮膚炎になった場合にはどうすればいいのでしょうか。
耳の後ろやお尻、お腹など様々な部分に出来ると思います。
かさぶたみたいになってかゆがったりして、脱毛もあると思いますが、ノミに刺されたときにノミの唾液の中に含まれているハプテンという物質にアレルギーが合って、それに反応したために起きるのです。
ノミがたくさんいるから発症したということではありません。
そうではなくて、沢山いたとしてもアレルギーを持ったのみがいなければ発症しませんし、たった1匹のノミでも、アレルギーを持っていれば反応してひどくなるのです。
ノミはサナダムシが媒介しているのでノミガいるという場合には治療として駆除しなければいけません。

ノミの治療と同時にかゆみを押さえたり皮膚炎を押さえる治療も行なっていきますが、その場合でも、薬物を使用して行なうケースのほうが多いでしょう。
治療は抗生物質を使ったり、アレルギーを抑える薬を使ったりして行ないます。
脱毛している部分などは毛が生えてくるように皮膚炎の薬などを塗って治療をしていくことになりますが、すぐに生えてこないので根気よく治療を続けていくことになるでしょう。
かゆみがあまりにもひどいという場合にはかゆみを押さえる治療もしていきます。