猫(脂漏性)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫の脂漏性の予防と治療方法

猫の皮膚病の一つ脂漏症の治療法についてここからは紹介したいと思います。
脂漏症の治療というのは症状によって治療法が違ってきます。
脂漏症になった場合には例えばフケが出ている場合にはこの治療、べたついている場合にはこの治療といったように治療がそれぞれの症状によっても違っているので注意しましょう。

脂性になっているという場合には、動物性脂肪、コーンオイルを与えることで過剰な脂質の分泌を抑えることになります。

もし皮膚の状態が乾燥しているという場合にはビタミンAなどが不足していることになりますから、ビタミンAを与えたり、亜鉛製剤を与えて治療をしていくことになります。
脂漏症の原因が何か他の病気が原因で発症しているという場合もありますが、その場合にはその病気の治療も進めていくことになりますからまずは何が原因で脂漏症になっているのかをしっかりと確かめておくことにしましょう。

予防法というのはアレルギーや寄生虫に感染しないように、室内で飼うことを徹底することがまず一つの予防法です。
ホルモン異常は予防できませんが脂肪の不足が原因の場合には脂肪を不足させないようにすることが大切です。
予防できるケースもありますから猫の状態をよく観察しておくことが必要です。