猫(腸重積)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫の腸重積の予防と治療方法

ネコの腸重積は放っておくと危険です。食べ物が食べられなくなりますから、それを防ぐためにも、脱水症状を防ぐ必要があります。
脱水症状を防ぐために、病院では輸液をすることになります。脱水症状が進めば、さらに症状は悪化して最悪の場合には死に至ることもありますから早めに対処しなければいけません。
脱水症状を解消してから、外科的な手術を行ないます。
ネコの症状によってもそれは違っているのですが、腸の状態によって異常が特にないという場合には、腸管を元の場所に戻すだけで終了するケースもあるので、それぞれのネコによって違います。

ネコが普段と違うなあと思ったり、異変を感じたという人は、早めに病院へ行きましょう。かなり腹痛を訴えて、苦しむと思います。
ですから飼い主はすぐにわかると思いますので、早めに対処してあげましょう。
そうしなければネコが食事をすることも水を飲むことも出来ないままになり、その結果脱水症状になり死に至ります。
予防法はなかなか難しいものですが、すぐに発見することは出来ると思いますから、早期発見をするようにしておきましょう。
普段からネコの様子や便の様子をチェックしておくことが早期発見につながります。