猫(胃捻転)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫の胃捻転の予防と治療方法

ネコの胃捻転の治療方法はまず緊急手術をすることになります。
放っておけば数時間もしないうちに死に至りますから、緊急手術をすることになります。
胃がねじれている状態ですから、捩れた胃を元に戻す手術をします。
それと同時に脱水症状になっているという場合には、脱水症状を治療しなければいけません。
また胃の中の減圧処置、ショック症状に対しても治療をして、胃捻転の手術のあとにさらに手術をすることもあります。
捩れた場合の胃の負担はかなり大きくて、時間がたちすぎると命の危険もありますから、早めに対処が必要です。

手術をしたときに胃のねじれを正常な位置に戻して、胃の壁の固定を行ないます。
そして再発しないようにすることも予防法の一つです。
胃捻転はとても再発しやすい病気ですから予防が大切です。
エサの内容やえさをやる時間などの食生活の見直しや工夫もしていかなくてはいけません。
あわてて食事をした場合に再発しやすいですから、少量を何度も分けて食べさせるくらいにしていかないとまた再発してしまいますから、家庭でも気をつけなければいけません。

胃捻転はすぐに病院に連れて行かないと、時間がたちすぎると最悪の場合その日のうちに、死にいたりますから注意が必要です。