猫(消化管型リンパ腫)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫の消化管型リンパ腫の予防と治療方法

ネコの消化型リンパ腫の治療方法ですが、脳の浮腫を抑えなければいけませんから、薬を使って治療をしていきます。
副腎皮質ホルモン薬、利尿薬などを使って少しずつ様子を見ながら、細菌にかからないように見ていきます。
二次感染してしまうと大変ですから、抗生物質、抗痙攣薬なども投与しながら治療は行なわれます。
ネコによっては外科的な手術をして、脳の中の血液を取り除くこともあります。

化学療法を行なうよりも、こうした症状を抑える対処療法を行なっていくことになりますから、そのときの症状を抑えることしか出来ないのが特長です。
治療はそれほど簡単なものではなく、実際には化学療法をしていく場合には、食欲不振や、嘔吐、下痢などの症状も気になりますし、消化管出血などが起きることもあります空注意が必要です。
今のところは犬やネコの消化管型リンパ腫に対しての化学療法は悲観的です。

治療法としては、副作用があるかもしれませんから、ネコの状態を見たうえで治療を進めていくということになります。
獣医さんとカウンセリングをしたうえで、今後の治療法が決まるのです。
完治というのは難しく、その場しのぎの対処法がメインの治療法となりますので、その点は予防や完治はできないということです。