猫(扁平上皮癌)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫の扁平上皮癌の予防と治療方法

ネコの扁平上皮癌の治療はその部分が切除できるのであれば、出来てしまった患部の切除を行ないます。
癌組織を取り除いて切除することでそれ以上悪化しないようにするのです。
そしてその後放射線治療をして経過を見ていきます。

しかし部分によっては切除できない場所に出来てしまうこともあります。
その場合には放射線治療と、そして抗生物質などの薬を使った治療を行なうことになり、内科的治療によって治療を進めていくことになります。

どんな病気にも共通して言えることなのですが、扁平上皮癌でも同じで、早期発見、早期治療をすることが最優先であり重要な事です。
初期野状態は肌荒れや炎症が起きていると思いますから、飼い主はまず皮膚の状態を日々チェックしておくことが大切です。

意外とただの皮膚疾患だと思って放置している人もいるのですが、毎日確認していて、少しでも皮膚に異常がある、しこりがあるという場合には、扁平上皮癌の可能性もありますから、早目に病院へ行って治療をしていくことが大切です。
早めに見つければ切除するだけで済むかもしれませんが、発見が遅いとそれだけで悪化させてしまう恐れがあるからです。
悪化して手術が難しくなると大変なので、早めに病院へ行きましょう。