猫(皮膚がん)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫の皮膚がんの予防と治療方法

ネコの皮膚に腫瘍が見つかった場合では、すぐに見つかれば、外科的な手術を受けて切除するだけで対処することが出来ます。
化学療法などはあまり効果がありませんから、早めに発見が出来れば外科的な切除だけでも完治することが出来ます。
切除してから放射線を当てる治療も行ないます。科学療法についてはこちらもあまり効果はありません。
特にネコの中でも、白い猫は、日光の紫外線の日照にかかわっているのであまり外に長時間いて、日光を浴びていると、皮膚がんになりますから注意が必要です。

常に小さいころから気をつけてあげたほうがいいことです。
腫瘍が大きくなって、他の場所にまで転移してしまった場合には、抗がん剤を使ったり、放射線治療をしたりします。
早く発見すれば発見するほど、完治する確率は高くなります。
体の外に出来ている皮膚の腫瘍は発見しやすいと思いますから、もしも猫を見て皮膚に何か変わったものを見つけたら、早めに病院に行きましょう。

早めに見つければできものを取るのと同じくらいの感覚で手術が出来て、命にかかわることなどはありません。
しかし放置しておくと細胞が壊死して顔が崩壊してしまう可能性もあるので注意してあげなくてはいけません。