猫(胃の腫瘍)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫の胃の腫瘍の予防と治療方法

猫の胃の腫瘍の治療ですが、病気が発症したときの猫の状態によっても治療法は違ってます。
例えばいくつの年齢の猫なのか、猫の体力はどうなのか、そしてガンはどれくらい進行しているのかなどによっても治療法が違っているのです。
それらをすべてみた上で、トータルで外科的な治療をするのか、それとも外科治療以外の治療法を取るのかということを選ぶことになりますが、とても慎重に選んでいくことになります。

猫の進行具合や年齢などによっては副作用がある治療法をしなければいけないこともあります。
副作用が出た場合にはそれに対しての対処療法についても考えていかないといけませんから、かなり注意が必要です。
猫の胃の腫瘍は他の腫瘍と同じで、少しでも早く発見をして、すぐに治療を始めればその後の経過も良好で持ち直すこともありますが、発見が遅れたり、年齢的にも乗り越えるのが大変な猫の場合には、手遅れになり死に至ることも多々ありますから注意が必要です。

飼い主としては、少しでも早く異変に気がつき、早めに治療を始めることが大切です。
そして少しでも猫の状態を楽にしてあげることを優先的にして治療を進めていくことが大切なのです。
他の腫瘍も併発している場合には、その治療も行なうことになります。