猫(膀胱炎)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫の膀胱炎の予防と治療方法

猫の膀胱炎の治療は、原因によっても違っています。
例えば細菌や真菌などが原因で、これらに感染してしまったという場合には、抗生物質を使ったり、抗真菌剤を使ったりして治療をしていきます。
また尿結晶や尿結石が原因になっているという場合には外科的な手術をして取り除いたり、排泄をよくするための膀胱洗浄をして治療をしていきますが、種類によっても違いますから、場合によっては外科的治療ではなく、内科的治療をする事もあります。
内科的治療では溶かす治療を行ないます。

猫の膀胱炎の予防法としては水を多く飲ませることや、トイレ環境を整えることが必要です。
基本的には毎日の猫が飲む水の量を増やすことが一番です。
家のあちこちに水を置いてやって常に飲める環境に整えておくといいでしょう。
そしてトイレは清潔にしておき、トイレの砂や容器などは猫が好きになるようにする事も大切です。

食事にも気をつけて栄養バランスをよくした食べ物を与えることも、猫の膀胱炎の予防につながります。
膀胱炎になっていることの早期発見や早期治療もとても重要です。
トイレに行く回数が増えているとか量がおかしいという場合には早めに病院に連れて行くようにしましょう。