猫(子宮ガン)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫の子宮ガンの予防と治療方法

子宮がんの治療法は猫も人間も同じなのですが、ガンかもしれないという場合には、外科的な治療をして手術をする事になります。
子宮にガンができているのであれば、その部分を切除して手術を行なうことになります。
治療をするという場合には外科的な治療以外にも、抗がん剤を使った薬物治療を行なうこともあります。
抗がん剤を使っても治療ができる場合は手術の必要はありませんが猫の状態によっては、子宮を切除しなければ治療ができないこともあります。

治療をしなければガンはほうっておいても治る病気ではありませんから、早めに発見することが大切ですし、治療をしてあげることが大切です。
子宮腫瘍は予防しようと思えば予防できるガンです。

大切な猫がガンで苦しまないためにも、予防してあげることが一番です。
初発情の前に、避妊手術をしておけば予防可能ですから、避妊手術をしようと考えている人は早めにしてあげることが猫にとってはいいことです。

子宮がんの治療法は猫の状態によりますが、完治することも可能です。
完治させたいと思っているならはやめの治療が必要で、ほうっておくと転移の可能性もありますから気をつけなくてはいけないのです。
飼い主としてできることは早期発見と治療です。