猫(膀胱の腫瘍)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫の膀胱の腫瘍の予防と治療方法

猫の膀胱腫瘍の治療法は色々とありますが、猫によっても違います。
猫の今の現状を見たうえで、猫の体力とも相談をして治療法は決められるのです。
例えば腫瘍そのものを除去する外科的な手術を行なうこともあります。
外科的な手術を行なえば完全に取り除くことができますが、完治させることと言うのはなかなか難しいかもしれません。

薬物療法として、治療に抗がん剤を使って治療をする事もありますが、抗がん剤を使って治療をするという場合には完治ではなく、今の状況に対して対処する対処療法と言うことになります。
対処療法ですから、進行を抑える、遅らせる程度にとどまりますので、完治、根本的な治療にはなりません。

猫の膀胱腫瘍は発見が早ければ転移を防ぐこともできますが、発見が遅れてしまうと、転移したり、もう手の施しようがないような状態になってしまいますから注意しましょう。
膀胱腫瘍に限らず腫瘍は早期発見、早期治療が大切です。

膀胱腫瘍は適切な診断がなかなかできず、場合によっては別の病気と勘違いしてしまうこともありますし、膀胱炎と間違えてしまうこともあります。
ですから膀胱腫瘍の発見が遅れる可能性も高いですが、異変には早めに気がついてあげましょう。