猫(下部尿路症候群)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫の下部尿路症候群の予防と治療方法

猫の下部尿路症候群の治療法についてですが、尿が出なくなったときが付くことがまず大切です。
尿がいつから出ていないのか、いつ頃から出なくなっているのか、そしてどれくらいの時間が経過しているのかと言うことを、飼い主は覚えておきましょう。
この時間などによって治療法は違ってくるのです。

まずできることとしては治療法の一番として、尿道をふさいでしまっている結石を取り除かなくてはいけません。
そうしなければ尿毒症になります。

猫によってはすでに尿毒症を起こしていると言う猫もいるかもしれませんが、その場合は結石を取り除くのと同時に、尿毒症の治療もしていく必要があります。

下部尿路症候群は腎臓の病気ではありませんから、治療をしっかりと受けて適切な治療を施せば、完治できる猫の病気です。

しかし一度下部尿路症候群にかかってしまうと、どうしても癖になりやすく、そういう体質の猫は、また発症しやすいと言う傾向にありますから、食事を変えたり、生活の中で予防をしていく必要があります。
飼い主は猫が尿をしているかどうかと言う点についても常にチェックして異変がないか、気にしてあげることも大切です。
日々の生活の中で気をつけてあげるようにしましょう。