猫(腎炎)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫の腎炎の予防と治療方法

猫の腎炎の治療についてですが、原因になっている病気の治療を行なったり、対症療法と言うことが中心で、食事療法を行なうこともあります。
糸球体腎炎の治療をするという場合には原因になっている病気があると思いますから、祖の病気に対しての治療をまずはやっていくことになります。

もし原因がはっきりとわからないと言う場合には、免疫抑制剤、抗炎症剤などを使って治療をする事になります。
他にもそれぞれの猫にあわせた症状による治療も行っていくことになりますが、対症療法が中心で、食事療法をしなければいけないケースが多いです。
この病気はほとんど症状がないので、早期発見をする事がなかなか難しい病気でもあります。

予防をするためにはどうすればいいのでしょうか。
予防法としては1年に1回のワクチン接種、また適切な健康管理、食事管理などが必要です。
糸球体腎炎は、色々な原因があって、それによって引き起こされていますから、その原因によって予防法が違うのではっきりと、これが予防法だとは断言できません。
ですが、糸球体腎炎を起こしている原因になっている可能性のある病気の、猫エイズや猫伝染腹膜炎、猫白血病ウイルス感染症などにかからないようにして、1年に1回ワクチン接種をする事、健康管理をしていくことが予防につながります。

また食事の管理についても気をつけていくことが大切なことになります。