猫(尿毒症)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫の尿毒症の予防と治療方法

猫の尿毒症の治療は、早めに行なわなければいけません。
早期発見がもちろん大切であり、その上で入院をして緊急性も高いので、点滴をします。
点滴では大量に水分を補給することになります。
大量に水分を補うと言うことは体の老廃物を排出しやすくさせること荷つながるのです。
場合によっては血液の透析治療が必要になることもあるのですが猫は、とても血液の量が少ないですから、どうしても貧血になることが多いです。

治療法としては血液の中に含まれている窒素化合物、クレチアニンの量がドレくらい含まれているのか測定していきます。
そしてドレくらい進行しているのかチェックします。
そして腎臓の機能が低下しているときには、それを回復させる治療をします。

そしてそれぞれの症状に合わせた薬を投薬して薬物治療を行っていきます。
腎臓野状態を調べるために血液検査、尿検査をして、それと同時に原因になっている病気も治していきます。

尿毒症になっている場合には点滴をして窒素化合物を体の外に出さなくてはいけません。
ですから一刻も早く治療が必要であり、毒素が体の中に入っているのを排出させる必要があるのです。
それを怠ってしまうと死に至ることもあるので注意しましょう。