猫(急性腎不全)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫の急性腎不全の予防と治療方法

急性腎不全の治療は早い段階で治療を始めることが重要です。
症状がそれほど重くないうちに治療をする事が大事です。
急性腎不全は発症してからすぐに、集中治療をする事ができれば、回復する可能性もかなり高くなります。
治療は原因によっても違っていますが、共通して言えることは尿を出すための利尿剤を点滴したり、透析治療をして、脱水や電解質のバランスが崩れていることを改善させることをします。
尿毒素物質の排泄をする事がとても大切なことですから、それを活発にさせるように促すのです。

尿路閉塞解除、損傷を治す為に手術をしなければいけないこともあるでしょう。
予防法として急性腎不全はワクチンを摂取すること、食事や健康管理をする事、室内で飼うことを徹底することが予防につながります。
腎不全の原因になるような細菌の感染、尿路閉塞が起きないようにするために、子猫の段階からワクチンを接種しておくこと、食事なども見直して健康管理には注意すること画大切です。
特に人間が食べているような味付けの食べ物を与えることで原因につながりますし、清潔にトイレをしておく必要もあります。

ワクチンでは予防できないような感染症になってしまわないように、猫に拾い食いをさせることを禁止して中毒にならないようにしましょう。
室内飼いをとにかく徹底することが予防につながりますし、定期健診を受けましょう。