猫(トキソプラズマ症)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫のトキソプラズマ症の予防と治療方法

トキソプラズマ症の治療は抗菌薬を使った薬物治療もしていきますし、それぞれの症状への治療もしていくことになります。
トキソプラズマ症は色々な抗菌くすりを使って治療をしていきます。それと同時に下痢、発熱などの症状が起きている場合にはそれに対しての治療もしていきます。
しかし免疫力がかなり下がっている猫の場合には全身の症状画現れて、その後死にいたってしまうこともあります。

猫のトキソプラズマ症を予防することは室内で飼って、感染する機会を減らすことが予防につながりますし、生の肉を食べさせないことです。
しっかりと加熱した肉を食べることが必要です。
トキソプラズマのオーシストが入っている可能性がある土に、猫が触れないよう西なければいけません。

猫は外で感染することがとても多いですから、室内で飼ったほうが安全です。
人も土や砂に触った場合、ネコの便を触ったりしたら殺菌消毒をして清潔を保ちましょう。
肉に含まれているトキソプラズマは加熱すると死にますから火を通せば予防することは十分に可能です。
生の肉を置いたまな板、包丁などをちゃんと使った際には洗うようにすることもとても大切な予防法です。
飼い主が女性の場合には妊娠前にトキソプラズマに対しての抗体を調べたほうがいいでしょう。