猫(猫汎白血球減少症)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫の猫汎白血球減少症の予防と治療方法

猫の猫汎白血球減少症の治療はそれぞれの症状への対症療法をメインで行っていきます。
もし多頭飼育をしている場合にはこれ以上感染しないためにも予防策を考えなければいけません。
パルポウイルスに効果があるくすりと言うのはないのです。
ですから猫パルボウイルス感染症の治療をする場合には、それぞれの発症している症状を抑えることが大切です。
下痢や嘔吐などで脱水症状になっている場合には輸液を点滴します。
他の感染症を予防するために抗生剤を投与することもありますし、低下した免疫力をアップさせるために、インターフェロンを使って治療をすることもあります。
多頭飼育の場合は感染がそれ以上拡大しないためにも、感染しているネコの隔離が必要ですし、感染した猫が使った食器、トイレ、ベッドなどは塩素系の消毒剤を使って消毒をしなければいけません。

定期的にワクチンを接種することが予防法につながりますし、子猫を飼ったら、すぐに動物病院で健康診断を受けていきましょう。
ワクチンを接種する回数なども動物病院で相談するといいでしょう。
この感染症にかかると大変ですし、沢山猫を飼っている場合には更に大変なことになりかねないので予防をしていかなくてはいけません。