猫(白血病ウイルス感染症)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫の白血病ウイルス感染症の予防と治療方法

猫の白血病ウイルス感染症の治療はインターフェロンなどを使って対症療法をします。
猫白血病ウイルスを撃退するために行なえる治療法と言うのははっきりとはありません。
猫白血病ウイルス感染症になって、色々な体に症状が現れてきますから、その症状にあわせて治療を行っていきます。

例えば、インターフェロンの治療、抗生物質、抗がん剤治療などが主な治療法で、対症療法をする事になりますから、完治を目的にしたり、根治が目的ではありません。
貧血がひどい症状として現れているようでしたら、輸血をする事が大切です。
猫の体にストレスがかからないように、食事にもしっかりと気をつける必要があります。

飼育する環境は衛生的に戸と持った環境であることや感染をしないよう荷気をつけましょう。
室内で飼うことによって予防することは可能です。
またワクチンを接種することも効果があります。
感染している猫との接触を避けることが一番ですから、室内で飼うことを徹底していれば大丈夫です。
もし数匹で飼っている場合に他の猫が感染してしまったら隔離したり、同じ食器を使わないようにするなどして注意が必要です。
ワクチンの予防法は100パーセントではないのですが、日常的に十分栄養バランスの取れた食事と清潔な生活環境を整えていれば大丈夫です。