猫(胸水)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫の胸水の予防と治療方法

猫の胸水の治療法は原因によっても違っています。
しかし何が原因だったとしても、共通して言える事としては、液体が何でも、酸素吸入をして、まずは猫の状態を落ち着かせる事です。
そして液体を除去して、安静にさせて、薬を使ったり、食事を制限するなどして治療をしていきます。

それだけでなくほぼ同時に、それぞれの原因にあった対処も進める事になります。
膿が原因の膿胸の場合は、針を胸に開けて膿を除去して、チューブを入れて中を洗浄する必要があります。
それと同時に、菌に対しても抗生物質で原因になっている菌が検査で、出なくなるまで抗生物質を続けます。
手術をするというケースはまれですが、手術をする事もあります。

血峰の場合には、血管拡張剤を使ったり、利尿薬を使って、体の水分を少しずつ減らしていく治療法が取られます。
それでも効果があまり現れないと言う場合には、針を刺してたまってしまった血液を少しずつ抜く事になります。
血液を抜いた後は、血液が固まりやすくするための止血剤を使ったり、輸血をしていきます。
細菌に感染しないように、他の猫との接触や怪我などに気をつけることが予防法ですが何もしてなくても発症する事もあり、それぞれの原因によって治療法も対処法も違ってきます。