猫(猫ウイルス感染症)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫の猫ウイルス感染症の予防と治療方法

猫のウイルス感染症の治療法は原因によって違っています。
原因によってあわせた薬剤の投与と支持療法をしていくのが望ましいでしょう。
原因はそれぞれの猫によっても違っていると思いますから、それぞれに合う治療をしていきます。
例えばヘルペスが原因に庵っていると言う場合には抗ウイルス剤を投与して治療をしていきますし、カリシウイルスが原因になっていると言う場合にはインターフェロンの注射をしていきます。
注射だけでなく点眼をしたり点鼻をすることもあります。
なかにはクラミジアが原因の場合もありますが、クラミジアが原因になっている場合には抗生物質がないといけません。
こうした治療を行なうと同時に、輸液、栄養補給なども行い支持療法をしていきますし、他にも細菌に二次感染していると言う場合には抗生剤を使って治療をしていきます。

治療をしている間は、十分に保温と保湿を心がけましょう。
ワクチンを接種することで予防可能です。
猫が幼いときから、混合ワクチンを子猫のうちにしっかりと接種させておけば、予防は十分に可能なのです。
一度回復したように見えても、また再発することもあるかもしれませんから注意して様子を見ておいてあげましょう。