猫(日光過敏症)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫の日光過敏症の予防と治療方法

猫の日光過敏症の治療方法についてここでは考えていきましょう。
猫の日光過敏症は毎日猫の状態をチェックすることが大切です。
両耳や特に鼻の先を見ていきましょう。
何か変化があって赤くなっていたりすると、紫外線予防の薬や治療の薬を塗ってあげなければいけません。
紫外線から身を守るために人間も日焼け止めを塗りますが、猫にも紫外線対策の薬がありますので、それを塗れば完全ではありませんがある程度なら予防可能です。
副腎皮質ホルモンの薬を投与して、できるだけ日光を浴びないで紫外線を避けること画大切です。

猫がまったく完全に紫外線に浴びないような生活をするというのは不可能に近いですが、飼い主は、できれば猫を屋内の日陰で飼育するようにして、紫外線に直接浴びないようにしてあげることも大切です。
室内にも紫外線は降り注ぎますから、紫外線をカットするカーテンなどをつけてあげる工夫も必要でしょう。

膿皮症が発症している場合には抗生剤を投与したり薬浴をするという治療も同時に行なっていき症状の様子を見ていくことになるでしょう。
予防は飼い主の工夫と異変に気が付いてあげること次第ですから、できるだけ早めに気が付いてあげるようにしましょう。