猫(クッシング症候群)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫のクッシング症候群の予防と治療方法

猫のクッシング症候群の治療法ですが、この原因はもともとステロイドが原因で起きています。
病気などにかかりステロイドを服用している猫で、毎日のように長期間続けて飲んでいる場合にはステロイドが原因で副腎皮質ホルモンの過剰分泌が起きているのです。
ですから薬の過剰反応で発症している場合には、副腎皮質ホルモンの薬の量を減らすという治療法になります。

またまったく減らしてしまうのではなくて、与える間隔が毎日だった場合には少し間隔をあけて与えるということもあります。
調整をするだけですぐに症状画治まる猫もいます。
副腎に腫瘍ができてしまったことが原因でクッシング症候群になることもあります。
腫瘍が原因でクッシング症候群になっているという場合には副腎を摘出して手術をしなければいけません。

副腎摘出のための外科的な手術を行なうことになるので猫の体力や症状で医師が判断することになります。
薬の影響がとても多く、発祥する原因もステロイドのことが多いですから、医師に相談をして早めに対処させるようにしましょう。
ステロイドの服用間隔をあけることや控えることでも十分に症状を改善させることにつながるのです。

特に皮膚病にかかっている猫はステロイドを処方されることが多いので注意しておきましょう。