猫(白癬)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫の白癬の予防と治療方法

猫の白癬の治療ですが、猫用の薬浴剤が販売されていますから、こちらを使って治療をしていきます。
菌に感染していることが原因で発症しているので、定期的に体を綺麗に洗ってあげることが大切です。
白癬の菌は猫だけでなく、実は人にも伝染する可能性があります。
猫を飼っている人で、女性、小さいお子さんや赤ちゃん、肌がデリケートな人は猫の白癬が伝染しないように注意しなければいけません。
白癬という病気は病変部を少し引っかいて顕微鏡で検査をしたり、特殊な光を当ててみると診断をする事がすぐにできます。
ですからもし皮膚の状態に異変を感じたという人は、早めに病院へ連れて行って検査をしてあげるといいでしょう。

飲み薬を使ったり、先ほど行ったような薬浴剤を使ったり、薬用シャンプーなどを使用して菌にたいしての治療を行なっていくのですが、すぐに完治しません。
どちらかというとなかなか治療が進まないことのほうが多く猫にもよるのですが、場合によっては何ヶ月も治療を続けないと白癬がよくならないこともありますから十分に注意しましょう。
早めに気が付いてあげれば、塗り薬を塗るだけで完治することもできます。
早期発見と早期治療が大切になってきます。