猫(アレルギー性気管支炎)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫のアレルギー性気管支炎の予防と治療方法

アレルギー性気管支炎になってしまったネコを治療すると言う場合にはまずは検査をします。
検査をしなければ、どんな症状なのか知ることが出来ません。
ですからまず血液検査をしてから、体を見ていきます。

治療をする方法としては、気管支拡張剤を使ったり、アレルゲンの原因によって治療を進めていきます。
病気の原因になっていることがわかれば、薬を投与して薬物治療を行なうこともあります。
ステロイドを使ったり、抗生物質を使ったり、抗アレルギー剤などを使って治療を進めていきます。

しかしこれらで治療をしたとしても、アレルギーが起きなくなるというわけではありません。
これはアレルギーの症状に対しての治療ですから、完治させていると言うわけではないので、根本的には飼っている環境の中でアレルゲンの原因になっていることを探して、例えばハウスダストだった場合には、清潔を保ってあげる、他にもアレルゲンの原因になっていることが何なのかしっかりと突き止めて、その原因になっていることを排除する生活が予防につながります。

いくら病院で治療をしてもらってその場で喘息の症状は治まったとしても、結局家に帰ってきてアレルギーの原因がそのままだった場合には意味がありませんから注意しましょう。