猫(疥癬)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫の疥癬の予防と治療方法

猫の疥癬の治療法についてですが、薬を使って治療をする前に、角質を溶かして落とすことができるシャンプーを使った薬浴します。
そして硫黄石灰溶液、アミトラズという薬を薄めた物を体に塗っていきます。
これは一度塗ればいいのではなくてある一定の期間をあけて再度塗っていくことになり数回繰り返していきましょう。
他に二次的な濃皮症などが発症しているという猫はそちらの治療もしなければいけません。
抗生物質を使ってこちらは治療をしていくことになります。

耳ヒゼンダニの感染を防止するためには飼い始めた子猫の子猫の間に動物病院で検査をしてもらうことが必要です。
その検査で、感染がわかった場合には早急に対処しましょう。
ケージ、マット、毛布などは清潔を保つために熱湯消毒をして、生活環境を常に衛生的に保てるように改善します。

猫が家の外で感染源になるような野良猫と接触しないように徹底することも大切ですし、野良猫の縄張りに生かせないことや耳ヒゼンダニが体に付着して外からもって帰ってくることもありますから、室内で飼育することを徹底したほうが安全です。
子猫の段階から室内で飼うことを徹底してあげると疥癬にかかることがありませんから予防することができます。