猫(ツメダニ)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫のツメダニの予防と治療方法

猫のツメダニの治療ですが、これはツメダニを駆除しなければいけません。ツメダニが寄生したものも予防する必要もあります。
ノミやダニの予防、駆除剤を薬として投与すること、殺ダニ効果があるような薬を投与して治療していくことになります。
猫を1匹だけでなく複数で飼育しているという場合には、ツメダニに1匹だけ出なく集団で感染していることもありますから、確認しましょう。

もし集団感染をしているという場合にはすべての猫を治療して、飼育環境を徹底的に掃除したり消毒したりして衛生を保つ必要があります。

ツメダニにかからないようにこれから予防していくこととしては常に猫の皮膚野状態をチェックすることです。
そして飼育している環境は常に清潔を保つことですね。
猫の皮膚の状態を確認して、もし少しでも猫におかしいなと思われるような点があるとしたら、早めに病院で診察を受けましょう。
早めにツメダニの治療を受ければ被害が拡大することもありませんし、人間に被害がおきることもありません。

然し放っておくと、どんどん悪化して、被害が拡大して、複数飼育している場合には次々にネコの頭部にフケがたまってくるのがわかるでしょう。
ですから猫の頭部にフケが出た時点で、おかしいなと思うことが大切です。