猫(耳血腫)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫の耳血腫の予防と治療方法

耳血腫の治療法ですが、原因によっても治療法は違っています。
耳ダニに感染していることから発症しているという場合にはその治療を優先していきます。
耳血腫と言うのはそれ自体が、内部にたまっている血が混じった液体を注射器を使ってすったり、外科的な手術をして液体の排出を促したりして治療をしていきます。
もし耳の形が変わっている場合にはそれに対しての治療も行ないます。

耳の形の変形を抑える処置なども行ないます。
耳の周りに炎症が起きている、感染しているという場合には抗炎症剤、抗生物質などの薬を使った、内科による治療もしていきます。
治療をしているときに、猫がみみをひっかかないようにしたり、触らないようにするために、治るまでは、エリザベスカラーをつけることになるでしょう。

予防法としては耳に異変を感じて、痛がっているかゆがっているという場合には、すぐに病院で診察を受けたほうがいいでしょう。
耳ダニに感染していたり、外耳炎にかかっていることもあって、検査を受けてすぐに原因を調べて、早期発見と、早期治療をする事が、とても大切なことになります。
発見が遅れれば耳が変形したり耳が聞こえなくなったりしますからとても危険ですので、早めに発見するようにしましょう。