猫(横隔膜ヘルニア)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫の横隔膜ヘルニアの予防と治療方法

ネコの横隔膜ヘルニアの治療や予防法についてですが、まず治療としては、事故にあったり怪我をしたりした場合には、すぐに緊急で手術をしなければいけません。
外科的な治療をしなければいけません。
切開手術を受けてすぐにでも治療をしなければいけません。

全部手術での治療が基本です。手術をして、ヘルニアで出てしまった臓器をすべてお腹の中に戻すと言う手術をしていきます。
横隔膜が裂けてしまって臓器が飛び出していることもありますから、その場合には避けてしまった部分の縫合が必要です。

予防と言うのは無理です。外傷性の場合には怪我や交通事故、高いところから飛び降りた衝撃によってヘルニアになることがありますから、予防はすることが出来ません。
しかし発見が遅れて悪化することがありますから、そうならないためにも、もし怪我や事故にあってしまったと言う場合には早めに病院へ連れて行くこと、そして事故直後はそれほど症状画現れていなかったとしても、しばらくは慎重に様子を見て、異変がないかどうかくまなくチェックしておくことが大切です。

お腹に異変を感じたり、苦しそうな呼吸をしていると言う異変が見られるようになった場合には、早めに病院へ行って治療をしなければいけません。