猫(副鼻腔炎)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫の副鼻腔炎の予防と治療方法

猫の副鼻腔炎の治療についてですが、副鼻腔炎の治療を行なう際には抗生物質を使った薬物治療をする事がほとんどです。
一般的な治療法は抗生物質を使った内科療法を行ないます。
猫の状態によっても違っていますが外科治療を行なうこともあるのです。
外科治療をする場合には副鼻腔内にチューブを入れて鼻の中を洗浄して膿などを取り除く治療を行ないます。

予防するためには副鼻腔炎の原因を探ることが大切ですが、そのためには鼻炎を予防することが大切です。
そもそも鼻炎の原因になっているのはウイルスや細菌です。
ですからウイルスや細菌に感染しないようにするために、定期的なワクチン接種が大切です。

副鼻腔炎は鼻炎も併発していますから、鼻炎の症状が事前に現れている場合には、早めに治療を受けることも大切です。
早期治療をすれば予防にもつながりますので、くしゃみを連発しているとか、鼻水の状態がおかしいという場合には早めに病院へ行って治療を受けましょう。
鼻炎が悪化して副鼻腔炎になり、また悪化すると蓄膿症になりますから悪化することを予防しましょう。
悪化すればするほど症状はひどくなりますし、治療も困難になるのです。
治療を嫌がって猫が辛い症状を抱えなくてもすむようにしてあげましょう。