猫(涙目)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫の涙目の予防と治療方法

猫の涙目の治療について考えていきましょう。
猫の涙目の治療法は、色々とありますが、原因によっても違っています。
涙が過剰に出るような、何か原因となっている刺激物質があった場合には、その原因になっている刺激物質を見つけて猫の周りから除去しなければいけません。
涙目の原因になっている目の病気がある場合には、その目の病気の治療をしなければ治りませんから、目の病気を治療することが涙目の治療にもつながります。
涙小管、鼻涙管が正常に働いていないという場合には原因にあわせた治療をする事も大切です。

そして治療としてこれらの器官を洗浄していきます。
またこれらの器官を拡張させるための治療や処置を行なうこともあります。
予防法としてはもし涙が沢山出ているという場合にはすぐに治療を受けるようにしましょう。
涙を沢山出している場合には、目のしたの毛が常にぬれていると思いますし、茶色になっていることもありますから、早めに病院へ連れて行きましょう。
涙や目やになどは飼い主も猫の顔を常に見ていれば気が付くはずですから、早めに治療をしてあげることが大切ですし、他の目の病気を併発している可能性もありますから早めに発見してあげましょう。