猫(角膜炎)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫の角膜炎の予防と治療方法

角膜炎の治療についてですが、治療は点眼剤を使った治療が主な治療となります。
そして原因によって治療が違ってきます。
角膜炎の治療は角膜が傷ついていますから角膜を治癒させるために、薬を使っていきます。
点眼剤の種類は抗炎症剤を使うことが多いです。
感染症が原因になって角膜炎になっているという猫の場合には、外科的な治療をしていかなくてはいけないこともあります。

角膜炎にかぎらず目の病気になっているという場合には、猫が自分の目をこすって症状画ひどくなることがありますから、悪化することが多いです。
悪化させないようにするためにも、エリザベルカラーを付けて、猫が自分で自分の目をこすらないように気をつけてやる必要があります。
こうした器具をつければ目をこすらなくても済むでしょう。

予防方法としては、感染症が原因の場合にはワクチンの摂取で予防可能ですから、定期的にワクチンを接種していくといいでしょう。
角膜炎は少しでも早い発見と治療がとても重要です。
普段ネコの顔をよく見て、目の観察も忘れないようにして、目やに、目の周りが予後割れているという場合には早めに病院に行くようにしましょう。
悪化して失明してしまったり、猫が目をこすりすぎて悪化することもあるので注意しましょう。