猫(巨大食道症)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫の巨大食道症の予防と治療方法

猫の巨大食道症の治療法としては現在有効な治療はないに等しいといっても過言ではありません。
予防する方法もないのですが、ちゃんとした食事管理をして猫を十分成長させることが予防にもつながるといわれています。
もし血管輪遺残という状態が原因で発症しているという場合には手術をすれば巨大食道症の症状は治ることもあるのですが、後天性で突発的に発症してしまった場合には何も治療をすることができません。

もし他の病気も一緒に併発したということであれば、その病気を治療すれば巨大食道症の治療につながることもあります。
原因に関係なく栄養補給をして、肺炎を予防して、食事管理をしっかりと行なうことが大切です。
また水や食べ物は立ったまま与えたり、食後はすぐに横にならさないで立たせたまま抱っこしておいて食道から胃に食べたものが運ばれやすい状態を故意に作る必要もあるでしょう。
もし症状が悪化しすぎているという場合には鼻から細長いカテーテルを入れて胃に直接チューブを差し込んで食事を与えるという方法を取ることもあります。
病気の症状が進行した場合に、嘔吐、鼻炎、肺炎が起きることがありますが、これらの症状が出ればその都度それに対しての治療を行ないます。