猫(食道炎)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫の食道炎の予防と治療方法

猫の食道炎の原因は色々です。
猫によってその原因が違い原因に合わせて治療法も違ってきます。
例えば食道が傷つくような物を食べてしまったり、熱い物をのみこんだりして、食道がただれていることが原因で食道炎になる猫もいますし、胃炎にかかり嘔吐をしすぎて、逆流した胃液で食道がただれてしまって発症することもあります。
他にも巨大食道症、食道狭窄など食道の病気が原因で炎症が起きることもあります。

治療は胃炎などが原因の場合にはまずは胃炎などの原因になっている病気の治療をする事が大切です。
食道の炎症を抑えるために、粘膜保護剤を飲んだり、胃酸分泌抑制剤、抗炎症剤などの薬を投与して治療をしていきます。
もし症状が軽いという場合には食道に刺激があまりない食べ物を食べさせて様子を見ますが、悪化していて食べ物がまったく飲み込めないという場合には、胃にチューブを入れて栄養、水分補給などを行なって治療をしていきますし、点滴をしていきます。

予防法としては刺激物、薬、固形物、熱いものなどを猫が口に入れないよう荷気をつけること。
そして嘔吐を繰り返している場合には早めに病院に連れて行って食道炎が悪化しないうちに治療を開始することが大切です。