猫(熱中症)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫の熱中症の予防と治療方法

熱中症の治療は原因によっても違っています。
例えば夏の蒸し暑い日などに、風通しのないエアコンのきいていない部屋、ケージに閉じ込められていると熱中症になります。
また蒸し暑い日に車の中で留守番をさせていると熱中症になります。
狭いキャリーケースに入れて夏場に移動をさせていたりすると、熱中症になることもありますから注意が必要です。
熱中症になりやすい猫というのは、例えば毛が短い種類の猫や、太っている猫、子猫や年老いた猫などですから飼い主は注意してあげましょう。

毛が短い猫はペルシャネコなどがあげられます。
応急処置として飼い主が出来ることは体を冷やすことです。
風通しの良い涼しいところに移動させて体を冷やしてあげましょう。
霧吹きで水をかけてうちわで扇いでやると急激な体温の低下につながります。

そして少し体を冷やしたところで、冷やしながら更に動物病院へすぐに運びましょう。
場合によっては一刻を争うこともあり命にかかわりますから、早めに発見して病院へ連れて行くことが大切です。
夏の暑い時期の猫の留守番には熱中症に十分に気をつけましょう。
猫と一緒に夏に外出する際も、猫の熱中症には十分に気をつけてやるようにしましょう。