猫(骨折)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫の骨折の予防と治療方法

猫の骨折の治療法についてここでは見ていきます。
骨折の治療は折れた部分の骨を整えて患部を固定して治療をします。
処置をしてからしばらくの間は、患部を動かさないようにしなければ治りません。
骨の治療はリハビリ療法もしていく必要もあります。
交通事故によって骨折をした場合や落下事故で骨折をした場合によっては、他の臓器や神経も損傷しているかもしれません。

ショック状態にあるくらいに重度の場合には先にこれらの治療を優先して行なわれることが多く、状態がある程度安定したところで、骨折に対しての治療や手術をします。

猫が骨折をしないようにするためには交通事故、落下事故を未然に防ぐことが大切です。
そのためには猫は外に出さないことが一番の予防になります。
マンションなどの高層住宅に住んでいる人は、猫がベランダから落ちないように気をつけたり、窓を開けっぱなしにしないようにしたりして日ごろから気をつけていきましょう。
子猫のときから骨が丈夫になるようなバランスの良い食事を心がけることも大切ですし、適度な運動をして丈夫に育てていくことも大切なことかもしれません。

猫が骨折しない環境を、飼い主が気をつけて考えていかないといけないのです。