猫(脱臼)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫の脱臼の予防と治療方法

猫の脱臼の原因として一番多いのは高い場所からの落下事故、交通事故があげられます。
脱臼は関節に強い力、大きな衝撃がかかったときに発症します。
猫は高い場所から落下したり、交通事故に遭って脱臼するということがとても多いです。

これら後天性の脱臼以外にも、稀に先天性の脱臼もありますから、猫によって色々です。
猫の脱臼の治療は脱臼している部分の整復、そして固定をした治療が中心です。

猫によって症状は色々ですし、程度や部位なども違っていますが、重度の場合には麻酔をして手術をしなければいけません。
猫の脱臼を防ぐためには室内で飼うことが一番です。
予防することはとても難しいことではありますが、ほとんど発生しているのは野外ですから、室内で飼うことで予防することが出来るのです。
猫同士でケンカしたことから脱臼することもありますから、避妊、去勢手術を受けておくことも脱臼予防につながります。

猫によっては肥満になって関節に負担がかかることで脱臼してしまうこともありますから肥満にはならないように気をつけていきましょう。
食事のバランス、栄養管理なども予防につながります。
様々な視点から脱臼を予防可能ですから日々気をつけていきましょう。