猫(ビタミン欠乏症)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫のビタミン欠乏症の予防と治療方法

猫の栄養性の病気の一つビタミンB2ビタミンB6欠乏症にかかってしまった場合にはどのような治療が行なわれるのでしょうか。
これは体にとって必要である栄養が足りていない、欠乏していることからおきている症状です。
ミルク、卵・レバーなどのビタミンB群が入っている食べ物は適度に食べさせる必要があります。
栄養バランスの良いキャットフードなどを与えていれば、通常は不足することは無いと思いますが、食事を飼い主自身が用意していて、市販されているキャットフードなどを与えていないという場合には欠乏してしまいがちです。

治療法というのはビタミン総合薬が処方され、ビタミンを薬によって補うという治療法です。
これ以外にも先ほど言ったように、食生活の見直しが大切で、栄養バランスの良い食事を取らせてやることを忘れないようにしましょう。
猫の食事も栄養バランスが基本ですし、猫の市販されているキャットフードなどは栄養バランスを考えて作られていますから、それらを食べさせれば予防になります。
飼い主が自分で食事を与える際もビタミンB群が不足しないようにだけは注意しておくことも大切なことではないでしょうか。
そして異変が見つかったら早めに病院に連れて行きましょう。