猫(クル病)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫のクル病の予防と治療方法

猫のクル病の治療法についてここでは考えていきます。
猫がクル病になった場合には改善策の優先順位として、食事を改善すること、そして運動制限が重要です。
消火器障害、寄生虫病などがあっておきているという場合にはそれにも対応下治療を進めていくことになります。

病的な骨折や骨の変形が無いクル病だった場合には、一週間くらい治療をすれば、すぐに元通りに元気で活発な状態を取り戻すと思います。
一ヶ月もすれば今までどおりの生活を送ることが出来るようになるでしょう。
高齢の猫の骨軟化症の場合にはカルシウムやビタミンDの吸収障害が起きていて、それが原因で発症していることもありますからその場合は薬やビタミンDなどを投与して治療をするケースもあるでしょう。
ですが薬物は過剰投与すれば、更に骨の疾患が新たに発症することもありますから、経過を見ながら慎重に進めていかなくてはいけません。

猫の飼い主はクル病かもしれないと思ったら自己治療をするのではなくて、とりあえずは病院へ連れて行った上で、治療を受けて、そして改善できるような運動制限と食事療法を続けていくことが大切です。
すぐに治療をすれば元気な元通りの猫に戻れますが放置しておくとなかなか大変ですので早期発見と治療が必要です。