猫(ビタミンA欠乏症)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫のビタミンA欠乏症の予防と治療方法

猫がビタミンA欠乏症になってしまった場合にはどのような治療をすればいいのでしょうか。
原因がビタミンAが単純に欠乏しているという場合にはビタミンAを補給するために内服したり、注射をしたりして改善させます。
ビタミンA欠乏症によって皮膚が著しく乾燥状態になっていたり、ふけが激しく出ているという場合には、皮膚の状態も治療していかなくてはいけませんから、皮膚の治療も行ないます。

ほとんどの場合が薬や栄養を補給することによって手軽に治療可能であり、その後の対処法としては、後は飼い主が日々の食事の栄養バランスを気をつけていくことにつながります。
ビタミンAが足りていない猫は乾燥状態が激しくなりますから、一度発症した後改善されてまた再発することもあるので、その際は食事を更に見直すなどの対処をしていくようにしましょう。
それがビタミンA欠乏症を予防することにつながりますし飼い主として対処することにもつながるのです。

猫を飼っていて季節的に乾燥しやすいのかもしれないと思うこともあるかもしれませんが、あまりに異常な皮膚の症状が現れた場合には、病気が原因で起きていると思ったほうがいいと思いますし、早めに病院に連れて行くようにしましょう。