猫(瞬膜の突出)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫の瞬膜の突出の予防と治療方法

瞬膜の突出の治療についてここでは考えていきます。
瞬膜が突出していることは、飼い主もすぐに気が付くと思います。
猫の目が瞬膜で半分以上覆われてしまっていますから、きっと気が付く人も多いのではないでしょうか。
猫自身も目が見えにくくなっていることに違和感を感じていますから猫も目を気にすることが多くなるかもしれません。

まず治療法としてはなぜ瞬幕が突出しているのか、その理由をはっきりと原因追求をして処置をする事になります。
病気が次第に治るにつれて体調もよくなれば元通り元気な猫になると思います。
猫の瞬膜の突出の原因は片目だけなら何か異物が混入して目に傷がついたりしたことが原因といわれていますが、両目同時に起きているという場合には、体調不良が原因であるといわれています。
ですから、体調がよくなれば次第に瞬膜の突出もおさわってきて、そして元通り元気になるでしょう。
しかし結膜炎を併発しているという場合には結膜炎の治療も行なわなくてはいけませんから、抗生物質を使ったり、点眼薬使って治療を行なっていくこともあります。
猫の状態や原因によってその治療法などは違っているのです。
猫の瞬膜が突出したままの状態で放置しておくのは危険ですから早めに対処してあげましょう。