猫(進行性網膜萎縮)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫の進行性網膜萎縮の予防と治療方法

進行性網膜萎縮の原因は先天性なのか後天性なのかによっても違っていますが、後天性のケースが多いのが特徴です。
そして後天性の場合の原因は栄養不足ヤタウリン欠乏などが原因とされています。
行ってみれば栄養不足ということになりますから、栄養バランスの良い食事をしっかりと与えることが哀切です。
普段からバランスのいい食事をネコに与えていればかかることはありません。

キャットフードも今は栄養バランスを考えて作られていますから、キャットフードをしっかり与えていれば栄養バランスが不足したり、タウリン欠乏などになることも無いのではないでしょうか。
タウリンの欠乏に対してもネコにキャットフードでちゃんと栄養バランスの整っている物を与えれば大丈夫です。

飼い主によってはネコなのにドッグフードを与えている人がいますが、これはいけません。ドッグフードを食べさせているとタウリン欠乏になります。
栄養が原因で発症していますから必須アミノ酸が足りていないことも原因の一つなので飼い主がちゃんと栄養バランスの管理をする事が大切です。

治療としては病院での治療はタウリンなど不足した栄養を補給する程度にとどまります。
後は家庭で栄養バランスの良い食事を与えることになります。