猫(角膜炎)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫の角膜炎の予防と治療方法

ネコの角膜炎の治療法ですが、角膜炎を治療するにはくすりを使って行ないます。
角膜の治療を促すような薬、抗炎症剤などを使って治療をします。
感染症によって角膜炎が発症しているという場合には抗ウイルス剤、抗生剤などを使って治療をしていきます。
また、角膜炎が重症で角膜潰瘍などを併発しているというネコも稀にいます。
角膜潰瘍を併発しているようなネコ野場合には外科的な治療をしなければいけません。

角膜炎など、目の病気にかかっている場合には猫が、どうしてもかゆみや痛みがあるために、目をこすってしまうことがあります。
ですから、角膜炎だけに限ったことではないのですが、目の病気にネコがかかってしまったときには、ネコが目をこすらないようにするために、エリザベスカラーを付けて自分の目を触れないようにしておきましょう。
エリザベスカラーをつければ、目をこすらないようにする事が可能です。

ワクチンの摂取を受けて、普段からネコの目のチェックをしておくことが予防につながります。
感染症からくる角膜炎ならワクチン接種で予防が可能です。
早期発見と早期治療がとても大切な病気でもありますから、ネコの目を見ていて、何か異変があると感じたら、早めに病院に行くことをおすすめします。