猫(結膜炎)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫の結膜炎の予防と治療方法

ネコの結膜炎の治療法についてここでは見ていきましょう。
結膜炎にかかったら点眼剤を使った治療が主な治療です。
クラミジアといった細菌が原因で発症しているという場合には抗生剤の点眼剤を使って治療をしていきます。
その原因がウイルスだった場合には、抗炎ウイルス薬を点眼したり、インターフェロンなどを使って治療をしていきます。

ウイルスに感染しているネコは次第に食欲が落ちることもあって、栄養不足になることもあります。
その場合には栄養バランスの高い食事をする事が大切です。
また点滴をしたりして食事や栄養を整えることもあります。
結膜炎の原因にもよりますが伝染性野場合には獣医が指示した期間は他の猫と接触しないように注意して、飼い主も手、洋服を消毒しなければいけません。

定期的にワクチンを接種することで予防可能ですが、室内で飼うことも大切です。
いくつかウイルスやクラミジアの感染などから予防するためには一番は予防接種でしょう。
ウイルスの感染を避けるためには家の中で飼うことも効果的です。
飼い主がウイルスを媒介しないようにするためにも、他の猫を触ったりした後はしっかりと消毒することも予防につながります。
病院にいけばすぐに治療をしてもらえますから早めに治療を受けましょう。